上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2011-08-11 2011-08-18 001 043


銀がいなくなって3週間が過ぎました。
この間、たくさんの方から悼みの言葉をいただきました。
ありがとうございます。
初めての方からもたくさんコメントをいただき、
知らないところでもたくさんの人にかわいがってもらってたんだよと
銀は幸せだったんだよと伝えたいです。
コメントのお返事をしていきたいと思っているのですが
ひとつ書くのにも時間がかかってしまって・・・
もう少しお時間をいただきたいと思います。


銀は翌日荼毘に付して連れて帰ってきました。
猫なのにいちばん大きな壺に入って。
はじめはひとまわり小さいもので入るだけ、と思っていたのですが
待っている間に主人が「中途半端になるし全部連れて帰ろう」と言って
変更を言いに行ってくれました。
私も本当はそうしたかったのでとてもありがたかったです。
おかげで心残りなく連れて帰ることが出来ました。
爪の1本も残さないようにお骨を上げたので
ハタから見ると狂気じみていたかもしれません。 ^^;
時間もとてもかかりましたが、じっとお付き合いくださった係りの方にも
とても感謝しています。


銀のこともちゃんとお伝えしようと何度も書きかけては
記事の下書きがどんどんたまっていくばかりです。
何度書いても同じようになってしまうので、
感情的で自分でもどうかと思いますが、これもほんとの気持ちのひとつ。
この気持ちを吐き出さないと前に進めない気がするので「続き」に載せておきます。
(途中で書けなくなって尻切れトンボですがそのまま載せます・・・)

2010-10-23 2010-10-23 001 087-1
たくさんの方に悼みのお言葉をいただきました。
本当にありがとうございます。
泣きたいのに泣けなくなっていた私ですが、
みなさんからのコメントを読むときだけは
なにかから解放されるようで銀を思って涙があふれます。


銀の死は本当に突然で、直前まで普段どおりに遊んでいたんです。
数分前にはいつも通り甘えてきた銀を抱っこしたばかりでした。
だから正直、けいれんを起こしたんだと思い(けいれんも初めてでしたが)
パニックになりながらも動かさないようになるべく平静な声で銀に呼びかけ、
舌で窒息しないように気道を確保しようとして・・・
でもきっと必要なのは心臓マッサージだったんです。
経験なんてないし、結果が変わったかどうか分からないけど
そのことが悔やまれて仕方がありません。
そのまま息を引き取ってしまうなんて思わなかった。
こんなことならもっと必死で呼べばよかった。
抱いて腕の中で逝かせてあげればよかった。
銀の瞳から光が消えた瞬間、自分が何を思い、
どう感じたのかうまく思い出せません。


銀と過ごした2年と3ヶ月の毎日には後悔はないのに
最後の1、2分のことは後悔ばっかり・・・
その時のことが何回も浮かんできて、というより常に頭の隅にあって
銀は苦しんだんだろうか、怖かっただろうか、最後に何を思っただろう。
頭の中で堂々巡りしています。
出来るなら、もう意識はなくて体の反応だけだったと思いたい。
でもきっとそうじゃない。
ごめんね、銀・・・

スポンサーサイト

2011.10.12 Wed l 銀王 l COM(9) l top ▲

コメント

No title
2年6ヶ月は、あまりにも短すぎて、切ないけれど、
銀ちゃんは、いっぱい愛されて、幸せだったと思いますよ。
きっと、ありがと。って言ってます。

そらまめさん。自分を責めたりしないで。
それは、銀ちゃんも喜びません。
また会えます。
これからも、ずっと一緒です。
2011.10.12 Wed l hwan. URL l 編集
No title
虹の橋のお話
http://hwan21.web.fc2.com/nijinohasi.html

ここに全文載せてます。
私も、先立った子達を想って、なんども読み返します。
ご存知だと思うけど、もしよければ読んでみてください。

そらちゃんは、どうしてますか?
2011.10.12 Wed l hwan. URL l 編集
No title
はじめまして。
以前よりブログ拝見しておりました。
銀くんのことを知って、私も涙が溢れてきてなかなかコメントができませんでした・・・。

お辛い中、銀くんの最期を記してくださってありがとうございます。
ご自身を責めないで下さい。
一緒にいた日々が後悔のないものならば銀くんもきっと幸せだったし、
そらまめさんがそばにいてくれて安心して逝けたと思います。
慰めにもならない言葉ですが、ゆっくりとそう思える日がくることを願ってます。
いつの日か優しい気持ちだけで銀くんを思い出せる日が来ることを切にお祈りいたします。
季節の変わり目、何かと体調を崩しがちになりますのでご自愛くださいね。
2011.10.12 Wed l もふもふにゃんず. URL l 編集
No title
私も、にゃあすけに何もできなかったので
気持ちわかります。
そばにいても何が変わったかわからないけど。

でも、いったん愛し合ったもの同士、銀ちゃんとの
絆は消えるものではないもの。
きっといつもそばにいますよ。

そらちゃんやパパさんと少しづつでいいから
元気になってくださいね。
さびしいし、つらくって当たり前だよ。
私なんかまだめそめそしてる。
でも、ね、お互い私はののちゃんたち、
まめっちさんは、そらちゃんたち
大事にしてがんばろうね。

2011.10.12 Wed l にゃあすけまま. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.12 Wed l . l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.13 Thu l . l 編集
No title
たびたび覗かせていただいております ゆきえです。
そらまめさんにとってあまりにも唐突だった 銀ちゃんとのお別れ。
私もやはりショックでした。

ただ、何か返事コメントを頂きたくてここに書かせていただいているわけではありませんから・・・

ネコと暮らす事 初心者マークの私にとって、そらまめさんの日記はとても親しみやすく、感じています。
困った時 しつけ・日々のお世話・お留守番・夏ののりきり方・冬の寒さ対策etc 
どれだけ私の折れる心を甦らせていただいたのかわかりません・・・。

そんなそらまめさんの今こそ「力」になれるコメントを残さなければならないハズが・・・。

銀ちゃんの最後を読ませてもらう度に涙があふれてきます。言葉が見つからない・・・。
でも、絶対ご自分を責めないでください。責めるだけ・・銀ちゃんも悲しむと思います。誰もいない部屋ではなく、そらまめさんの傍で、声をかけてもらいながら、天国に旅立てた事・・きっと銀ちゃんは心強かったと思います(そう思いたいです)

愛情あふれるそらまめさん・旦那様 そらちゃんとの楽しいく過ごせた日々はきっときっと銀ちゃんの宝物ですよね。
そんな宝物を今頃天国のお仲間とお話しているかもしれませんね。

気のきいた言葉が本当に・・見つからなくて・つづれなくて・・ごめんなさい。

ではまた覗かせていただきます。
くれぐれも体をご自愛くださいね。
2011.10.19 Wed l ゆきえ. URL l 編集
No title
お恥ずかしいことに、
家族の猫でわたしが全責任を持った仔ではないですが、
産まれてすぐ先立った仔たち・突然先立った仔たち・
積極的治療中先立った仔たち・出戻った実家で、
最後は一緒に居るって約束したのに、
自分の入院中に約束を果たせなかった仔。
13匹それぞれいっぱいの後悔があります。。。
写真はほとんどありません・・・が、
姿・仕草・瞳は忘れることはありません。

荼毘に付された後が、どんなにかお辛いかと思うと・・・。
初めての猫ちゃん空ちゃんの元へ、飛行機で来た銀ちゃん、
このブログには、
いっぱいパパ・ママに愛された記録があります。
これからも、パパ・ママ・空ちゃんと一緒にいますよ。
冷たいっと感じた涙が、温かいなって感じる日が
きっと・・・。

寒くなってきましたね。
お体に気を付けてお過ごしくださいね。
2011.10.22 Sat l まるとも. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.12 Sat l . l 編集

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。